自律神経の乱れの影響

自律神経の乱れで伴う内臓の動きと抜け毛の関係性。自律神経の乱れは、内臓の働きも阻害することになります。ストレスを溜めている方が、胃が痛いとよく言いますがこれは内臓の働きが阻害されているため。ストレスって怖いですね。

内臓の中で特に肝臓の機能が阻害されてしまうと、髪の形成に必要な栄養素の吸収がスムーズにできなくなり、栄養分が髪や頭皮に行き届かなくなってしまいます。生命に直接関係がない髪は、栄養素が最後に回ってくる仕組みになっていて、栄養不足になるとダイレクトで髪に影響を及ぼしてしまうのです。この様にストレスを溜めて、忙しい日々を過ごしているといつの間にか自律神経が乱れ、体のいたる所で影響を及ぼしていくのです。その影響が一番最初に出るのが髪の毛に出る場合が多くあるので、抜け毛が増加してきた場合には、ストレスが原因の可能性があるのではないかと考え、普段の生活から上手にストレスを発散させるように気を付けことが大切です。ストレスに負けないで髪も私生活も大切にしたいものですね。