脱毛とホルモン

男性の抜け毛と、男性ホルモンはとても関係が深いです。皮脂腺や毛乳頭などに存在する酵素に5αリダクターゼというのがあります。この5αリダクターゼは、テストステロンという男性ホルモンと結び付く働きがあります。この二つが結びつくことで、「ジヒドロテストロン(DHT)」という脱毛や薄毛の原因になる物質に変化をしてしまうのです。5αリダクターゼは1型と2型にわかれ、2型が髪の毛の元となる毛乳頭に存在します。

脱毛物質を活性化させないためにも、男性ホルモンの分泌を抑える必要があるわけですね。育毛剤にこのような男性ホルモンを抑える成分を配合することで、脱毛物質を抑えようという考え方なのです。

育毛成分にはいろいろあり、もともとは別の病気の治療薬として使われているような、成分を配合したものが最近人気になっています。ですがこのような効果の高い育毛剤は、価格も高く、薬剤師の元に販売をされるなど、いろいろな規制もあります。