ストレスが大敵!

ストレスとの関係性。人の体はストレスを溜め過ぎると、自律神経が乱れる事が原因で血行不良を起こします。自律神経は主に、昼間は交感神経が働き、夜の休息時間には副交感神経が働く。この二つの神経系がバランスを取り合い、日常を送っています。ストレスを感じると、交感神経が刺激され興奮状態に陥ってしまいます。なので、深い悩みなどを抱え慢性的にストレスを与え続けると交感神経のみ強く刺激され続けて、副交感神経とのバランスが崩れていき、自律神経が乱れます。その結果、血液循環に異常をきたし、血行不良になります。

血行不良は、毛根への栄養供給や毛細胞の働きを鈍らせてしまいます。結果、毛細胞から健康な毛髪は作られずにすぐに抜けてしまう弱い髪ばかりが生えてくることになります。自律神経の乱れは、興奮状態が長い間続き眠れなくなるという睡眠障害を及ぼすことにもなります。睡眠不足により十分に髪の生成が叶わなかった髪はすぐに抜けてしまいます。交感神経の代わりに副交感神経が働くのですが、副交感神経が働くと身体は休んでいるモードに入り眠りを誘います。髪の生成は睡眠中が最も活発なので、十分に睡眠を取るのが必要不可欠です。