抜け毛のしくみとメカニズム

髪の毛の一生を説明させて頂きます。成長期:成長期というのは、髪の根元の毛母細胞で作られた髪の毛が、長さに関係なく上に押し上げられて成長していく事をいいます。正常であれば、この活動が2年~5年続きます。この時期に正常に髪の毛が成長しないと、抜け毛の原因などになるのです。実際この成長期が正常であれば、髪が抜けても自然と生えてくるので抜け毛や薄毛の心配はいりません。対策は、髪の毛の成長を把握しておいた方が良いと思います。

退行期:成長期が終わると、毛母細胞での髪の毛の生成が衰える時期が大体2週間程度ありこれを退行期といいます。ですが、この退行期も自然な形なので心配する程の事ではありません。
休止期:退行期が終わると毛母細胞の活動が約3カ月程、完全に停止します。これを休止期といい、毛が抜け落ちるのを待つ時期となります。この後しばらくすると、再び新たな髪の毛を作るため、毛母細胞の活動が活動を開始します。正常、これらの髪の毛の一生のサイクルが自然と現象として起き、正常に活動しているのであれば、何も心配する必要はありません。抜け毛が始まるというのは、何らかの原因によってこのサイクルが乱れた場合に起こり、それが薄毛や抜け毛の原因となります。ただ、抜け毛でも正常にサイクルが廻っている方も、男性なら約3〜5年程度、女性なら4〜6年程度で生え変わりがあるので、1日平均で50~100本は自然と抜けていきます。この範囲であれば、現実的には何の心配もしなくて大丈夫です。