育毛剤の安全性

育毛剤の安全性を知ると言う事は、危険性をしっかり理解していなければいけません。特に育毛剤の副作用を理解しないで下手に利用してしまうと、初期脱毛や精力減退などが副作用として悪影響を及ぼす事もあり、育毛効果が得られない可能性もあります。

アレルギーを起こす可能性がある成分について。医薬品の育毛剤には、ミノキシジルに含まれるプロピレングリコールという溶剤がアレルギー反応の引き金となっていることがあるようです。最も起こりやすい副作用は、我慢ができない程の頭皮のかゆみ。その他、確認出来ているだけで、低血圧・赤ら顔・性欲減退・多毛症・頭痛やめまい・不整脈、動悸・しびれ・むくみ・胸痛・にきび・発しんなど、様々な症状があげられています。代表商品でロゲインやリアップなどがありますので、ミノキシジル製品を使われる方はあらかじめ注意が必要です。万が一、副作用が確認されるようであれば、即座に使用を中止してください。

フィナステリド(プロペシア)の場合、国内の臨床試験で「1mgのプロペシアで胃部不快感、性欲減退など約5%の副作用が認められた」とされているようです。重篤な副作用の報告事例はなく、あっても軽微ですが万一のことがありますので、基本は医師の診察のもとでの使用と認識しておいた良いでしょう。購入の際には十分に注意し、育毛剤をあまり使用した事のない方は、人気と安全性の高い国内の育毛剤を使用すると良いと思います。安全性を得るには、それを裏付ける理由があります。市販されているからと言ってなく、内容成分を確認して、十分に注意をして購入し使用する事をお勧めします。